ニキビを守るには保湿

ニキビとは皮膚疾患の1つです。正確には、ニキビを尋常性ざ瘡と書き、じんじょうせいざしょうといいます。ニキビは大部分の方が経験するものであり、青春のシンボルという話は一度聞いたことがあるはずです。しかし、顔の部分が長期間にわたってニキビが増えて、傷跡が残るのも考え物です。そこで、ニキビケアの説明をしていきます。

さて、ニキビといいましても、中学生や高校生がかかるニキビや成人してできるニキビの2通りが考えられます。生徒であろうと、成人であろうと、顔や見た目を大事にしたい、特に女性にしてみれば大事なスキンケアです。今回は、ニキビケアには保湿が大事であることを踏まえつつ話しを展開していきます。

また、ニキビというスキンケアは、日本人が病院へ通院する割合も世界と比較しても低く、顔にニキビの跡があることが知られています。特に、20代女性の7割がニキビで、20代女性のほぼ全てが隠れニキビという日本皮膚学会の報告もあります。そこで、日本人はもっとニキビに対して強く対策意識を持ったほうがいいと判断できます。女性ならなおのことです。ニキビになる原因としましては、低脂肪牛乳やインスリン成長因子、遺伝があげられます。さらに、症状の判断として、ニキビが5個以下は軽症、21個以上では重症となります。そのニキビケアとして重要なのが保湿なのですが、入浴や洗顔はもちろんのこと、化粧水や美容液でも保湿対応がありますので、保湿効果を試しつつ、スキンケアをして欲しいです。さらに、説明を加えていきます。